コンドロイチン

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

コンドロイチンとは?

テレビのCMや、雑誌の広告などで、コンドロイチンという言葉を頻繁に聞くようになりました。

コンドロイチンは、人間の体の様々な部分にある成分ですが、中でも関節を滑らかに動かす役割が知られています。
関節と関節の間にコンドロイチンがあるおかげで、滑らかに手足を動かし、行動することができます。

しかしコンドロイチンが不足すると関節と関節が擦り合ってしまい、痛みを感じるようになります。
老化とともにコンドロイチンが不足していきますが、健康を考えるならこの減少量を最小限に抑える工夫が必要ですので、サプリメントなどを用いて多くの方が摂取しています。
コンドロイチンはお年寄りの膝、腰の痛みに効果的な成分・・・このように認識している方も多いかもしれませんが、実はコンドロイチンは美肌効果も期待できます。

コンドロイチンのもう一つの効果

また、コンドロイチンは肌の真皮を構成している成分でもあります。
一般的によく知られている、真皮を構成している成分と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸でしょう。
しかし、コラーゲン、ヒアルロン酸と同じように、コンドロイチンもお肌にとって欠かせない美肌効果の高い成分なのです。

ヒアルロン酸はとろりとしていて、お肌に塗った途端に潤いで満ちていく感覚が実感できますね。
こうした即効性を比較してみると、コンドロイチンはあまり期待できません。
しかし、その反面持続性が高いのがコンドロイチンの特徴です。

ゆっくりとではありますが、使い続けることで確実に高い保湿力を発揮し、効果をキープしてくれるのがコンドロイチンです。
ですので、コラーゲンやヒアルロン酸だけを補えば十分だと考えるのでなく、コンドロイチンが配合されているかどうか?という視点で化粧品を選ぶとさらに良いでしょう。

健康と美容にコンドロイチン

コンドロイチンは関節の痛みを改善するためだけの成分ではありません。
健康と美容は密接な関係があります。
美容のためにコンドロイチンを補えば、自然と健康にも効果が出てきますし、逆もまた然り。
普段の生活で、コンドロイチンを積極的に取り入れていきましょう。

yf

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

運営者情報・免責事項

このページの先頭へ