ニベアとオールインワンジェル。どちらが肌に良い?

6045397356_0ac626b98b
最近、まとめサイトなどで取り上げられることが多い、保湿クリーム・ニベアでのケア。
私たちが子供のころから、よく目にしている青い缶のニベアは世界で一番売れている保湿アイテムなのだとか。

美容マニアの中にはこのニベアをお顔の肌のケアに使用する!というツワモノもいるようです。
では、このニベアとオールインワンジェル、どちらが肌にいいのでしょうか。

ニベアって肌にいいの?

ニベアは56グラム入りの小さな青い缶がドラッグストアで200~300円程度で売られています。
このニベアの成分が高級コスメとして知られるドゥ・ラ・メールのクリームに使用されている成分と酷似しているとして、美容マニアの間で話題となったことは皆さんもご存知でしょう。

確かにニベアは合成界面活性剤やエタノールが未使用で比較的シンプルなアイテムと言うことができます。
ただし、合成ポリマーや鉱物油、防腐剤などは使用されています。
またニベア独特の香りはもちろん、合成香料によるものです。

またテクスチャーが硬めで顔の肌に浸透させるためには、よく肌になじませる必要があります。
このことで肌を摩擦したり、毛穴が油分でふさがれてニキビができやすくなる…という場合もあるのです。imasia_16375772_S

オールインワンジェルはそもそも顔用に作られたアイテム

ニベアは顔にも使用することができますが、もともとは手や体の肌のために作られていると考えることができます。
これに対して、オールインワンジェルは初めから顔に使用する目的で作られているので、使用感の良さには格段の違いがあります。
毛穴に詰まりにくく、アレルギーが起こりやすい成分をカットするなど、肌トラブルへの影響も考慮して作られています。
また、ニベアには添加物が豊富に含まれていますが、人気のオールインワンジェルは添加物が最低限です。
よく宣伝しているメディプラスゲルに至っては、ニベアと違い、防腐剤も合成香料も使っていません。

→添加物不使用のメディプラスゲルについて

またオールインワンジェルはヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタエキスといった美白やアンチエイジング、保湿など美容効果に特化した成分をたくさん配合しています。
若い肌の乾燥対策ならニベアでもOKですが、大人の肌に使用するならオールインワンジェルの方が断然オススメと言えるでしょう。
?

yf

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

運営者情報・免責事項

このページの先頭へ