成分にジメチコンというのが入ってるのですが大丈夫なの?

キレイになりたい!という気持ちで肌にいろいろなコスメを使っていることが、かえって肌に負担をかけているとしたら…。皆さんはそんな風に考えたことはありますか?化粧品には美容成分の他にも成分の安定や品質の維持、使用感をよくするためなどさまざまな目的で添加物が配合されています。こうした成分が肌に負担をかけることもあるのです。中でも敏感肌や乾燥肌の方にとってトラブルの原因となりやすいのがジメチコンと呼ばれる成分です。

ジメチコンって、どんな成分?

クリームや乳液、美容液などにもよく含まれているジメチコン。ジメチコンは合成ポリマーとも呼ばれる樹脂の一種で、被膜を作って肌をコーティングすることで肌が潤いで覆われたような感覚をもたらす成分です。油分を含むコスメのほとんどに使われている一般的な成分でもあります。

しかし皮膚科医の中には「保湿効果が高いと思っても、それは肌をポリマーで覆っているからに過ぎない。顔を洗ってしまえば、その効果も落ちる」とジメチコンの使用に対して否定的な考えを持っている先生も少なくないのです。

少し前に「シリコン入りのシャンプーは毛穴をふさいで抜け毛を促進する」といったまことしやかな噂が流れましたが、シリコンもポリマーの一種。シャンプーはもともと洗い流すので、毛穴に詰まる心配はないようですが、洗い流さない乳液やクリームに配合されているジメチコンは肌の毛穴をふさいで肌トラブルの原因となる可能性があるのです。

ジメチコンがオールインワンジェルに使用される理由

オールインワンジェルが苦手という人の間でよく聞かれるのが「肌が乾燥する」「物足りない」といった声です。確かに肌への優しさを徹底的に追求したメディプラスゲルのような敏感肌向けのアイテムなどは保湿力が足りないと感じる人も多いようです。これは肌を潤いで覆うジメチコンが配合されていないからかもしれません。

しかしジメチコン入りの化粧品で得られる潤いは、肌自体が潤っているのではなく、表面が覆われて手触りが良くなっているだけのこと。肌が敏感な方はジメチコンフリーのオールインワンジェルを使って、肌が自ら潤いをキープできるよう健康な状態に導いてあげるようにするのがベストです。

yf

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

運営者情報・免責事項

このページの先頭へ