パラベンフリーってどういう事?その意味とメリットとは

imasia_12998201_S

パラベンとパラベンフリーの意味とは?

化粧水や乳液、オールインワンジェルなどのスキンケア用品を購入する際、パラベンフリーかどうかを確認する方は多いでしょう。
しかし、パラベンフリーにこだわっていながらもパラベンとはどんなものなのかということを知らないという方が意外にたくさんいます。

ここでは、パラベンとはどんなものなのか、パラベンフリーにはどのようなメリットがあるのか、ということについてご説明いたします。
パラベンについての知識を深め、スキンケア用品を選ぶときの参考にしてください。

そもそもパラベンとは?

パラベンフリーの“パラベン”とは、そもそもなんのことなのでしょうか。
パラベンとは石油系活性剤の1つで、強い殺菌効果を持つ成分です。
水や食物の腐敗を防ぐので、古くから化粧品や食品の防腐剤として使用されてきました。

そんなパラベンが問題視されるようになったのは、旧表示指定成分の1つに指定されてからです。
旧表示指定成分とは、アレルギーを引き起こす原因となる成分のことを表します。
パラベンは、アレルギー症状だけではなく、ホルモンバランスの乱れやニキビや吹き出物などの肌荒れを引き起こす危険性があると言われています。

パラベンフリーがおすすめされる理由

パラベンは、アレルギー症状やホルモンバランスの乱れなどを引き起こす危険な成分です。
パラベンフリーとは、危険な成分であるパラベンを使用していないということを表しています。

パラベンフリーのスキンケア用品は、パラベンが使用されているスキンケア用品に比べ、安全性が高く肌荒れがしにくいというメリットがあり、お肌に大変優しいです。
安全性の高いオールインワンジェルをお探しの方には、パラベンフリーのジェルをおすすめします。

保存方法を工夫して長持ちさせて

パラベンフリーのオールインワンジェルは、安全性が高くお肌に優しいというメリットたくさんのスキンケア用品ですが、1点だけ注意をしなければいけないことがあります。
それは、保存の方法です。
パラベンが使用されていないということは、防腐剤が使用されていないということになりますので、パラベンが使用されているスキンケア用品に比べ腐りやすいというデメリットがあります。
早く使いきってしまえば問題ありませんが、たっぷりと入ったお得なオールインワンジェルを使用する際には、冷蔵庫で保存することがおすすめです。

冷蔵庫で保存をすることで、常温の部屋に置いておくよりも腐りにくくなり、長持ちをさせることができます。

yf

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

運営者情報・免責事項

このページの先頭へ