ほうれい線対策のオールインワンジェルの選び方

imasia_1400003_S

ほうれい線はなぜ出来る?

ほうれい線は老け顔に見られてしまう代表的なものです。
個人によっても異なりますが、最近では若い人にもほうれい線が見られることがあります。

なぜ、ほうれい線が出来てしまうのでしょう。
主な原因として、顔のたるみがあります。
紫外線や加齢の影響で、コラーゲンやエラスチンなどの繊維が少なくなり、弾力をキープできなくなってしまいます。
さらに肌が乾燥してしまうことで小ジワが増え、それがほうれい線に繋がります。
表情筋が衰えることでもたるみに繋がります。

柔らかいものばかりを食べていたり、片側だけでものを噛んでしまう癖、頬杖をついてしまう癖によっても表情筋が衰えてしまいます。
さらに皮下脂肪が増加することで、肌が脂肪を支えきれなくなり、たるんでしまうことがあります。

ほうれい線の対策

ほうれい線の対策として、まず紫外線を対策することが大切です。
コラーゲンやエラスチンの減少を少しでも抑える必要があります。

シミの原因とされている紫外線B波は夏場に多いですが、ほうれい線の原因とされている紫外線A波は春に多くなると言われています。
ほうれい線を予防するためには、春の紫外線対策も怠らずに行いましょう。

次に乾燥を防ぐことも大切です。
乾燥は様々な原因から引き起こされるため、毎日保湿ケアを十分行う必要があります。
他にも顔のマッサージや表情筋を鍛えることでも改善できます。

ほうれい線対策のオールインワンジェルの選び方

ほうれい線を改善させるために、様々な成分が1つに集約されているオールインワンジェルがオススメです。
特に、コラーゲンやエラスチンは肌のハリやツヤにつながる成分です。
こういったものが含まれていると良いでしょう。
あとは保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が含まれているものや、コラーゲン生成を補助したり紫外線によって作られる活性酸素を抑えてくれるビタミンCが含まれているものを選ぶと、ほうれい線の改善につながります。

yf

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

運営者情報・免責事項

このページの先頭へ