しわができるメカニズムとオールインワンジェルの働き

20140324162333-306S

表皮性のしわができるメカニズム

乾燥が主な要因となるしわには、表皮性じわがあります。
これは新陳代謝の低下により、お肌の水分量が少なくなることで肌表面へと表れるようになります。

こういった要因によりできる表皮性じわは、ちりめんじわとも言われ、目の下や目尻といった部分にできやすくなっています。
ちりめんじわと言われるだけあり、それぞれは細かく小さい形をしていますが、その数が増えることで目立ちやすくなります。

真皮性のしわができるメカニズム

しわの中には、真皮性じわと言われるしわもあります。
このしわができるメカニズムには、コラーゲンも関係しています。

コラーゲンが働くことでお肌のハリも維持されていますが、それら成分が年齢と共に減少していくことで、お肌のハリ感も以前より少なくなります。
そうすると深いしわができるようになってくるのです。
この真皮性じわには、紫外線も影響しているとされます。
お肌の乾燥は紫外線の影響も受けやすいため、やはりこういったお肌のお悩みにも肌の乾燥が関係していると言えるでしょう。

しわ対策にもオールインワンジェル

しわ対策には、何よりもやはり肌の乾燥を防ぎ、お肌の潤い感をアップさせることが大切です。
オールインワンジェルはそれひとつでスキンケアを完了させようというアイテムですから、美容成分も豊富に含まれ、保湿力にも優れています。
またジェル状になっていることで、しわが気になりやすい目元などにも塗りやすくなるというメリットもあります。
さらに、オールインワンジェルの中には成分としてコラーゲンを含んでいるものも多くあり、しわ対策として大切なコラーゲンも肌の角質層へと浸透させることができます。

メディプラスゲルには美容成分が62種類も含まれており、そのうちコラーゲンは2種類使われていて、ハリ・弾力・保湿へと働きかけてくれます。
その他にも3種類の高濃度セラミドや3種類のヒアルロン酸などが、バランスよくアプローチしてくれるのです。

yf

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

運営者情報・免責事項

このページの先頭へ