無添加のオールインワンジェルは本当に肌に良いのか?

化粧品における無添加とは?

無添加と銘打つ化粧品にはついつい注目してしまうという方も多いでしょう。
しかしこの「無添加」には、実は明確な定義があるわけではありません。
旧表示指定成分という成分を使っていないものを無添加とアピールしているケースが多いようですが、それも化粧品メーカーの考えによるものです。

また、無添加と同じように敏感肌などの方が心躍るワードとして「自然派」というワードがありますが、これも化粧品成分に植物由来の成分がわずかでも使われていれば、自然派と名乗ろうと思えば名乗れるのです。

無添加だから肌にいい、訳ではない

オールインワンジェルでも、無添加とアピールしている商品はあるでしょう。
界面活性剤や鉱物油などを使っていない無添加の化粧品は確かに安心感はありますが、他の成分を抽出する過程で化学合成の成分が使われているとすれば、それは無添加なのかという疑問も出てきます。
しかし、そういった抽出の過程で使用する成分には表示義務がないので、成分欄にも記載されません。
こうなってくると、本当に安心して利用できる化粧品はないのではないかとさえ思えてきます。

それも事実であり、本当に突き詰めようとすれば無添加とアピールしていようがしていまいが、自分自身でその化粧品の成分を深く調べていかなければならなくなります。
さすがにそれは大変ですが、オールインワンジェルなどの化粧品を選ぶ際には、無添加という言葉に捉われることなく、自分の肌に合いそうなものを選んでいくことが大切です。

パラベンは結構使われている

「余計なものは入れていません」というような宣伝文句のある化粧品でも、パラベンに関しては添加していることが結構あります。
成分に対する考え方もいろいろですが、パラベンフリーのほうが危ないという意見さえあるほどなので、アルコールでもパラベンでも、何でもかんでも無添加がいちばんというわけでもなさそうです。
ちなみにパラベンは防腐剤の役割を持つものです。

yf

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

運営者情報・免責事項

このページの先頭へ