馬油を配合したオールインワンジェルがあるってご存じですか?

馬油ってどんなオイル?

馬油はその名の通り、馬から採れた油のことをいいます。
昔から馬油は使われていて、火傷や肌荒れ、切り傷などに効果があると民間療法として馬油は用いられてきました。
さらに馬油に含まれている脂質の成分が人間の成分を似ているということもあって副作用が少なく、アトピー肌や敏感肌の人にも使われていました。

ヒトの肌にはセラミドが含まれていて、これが肌のキメや潤いを保っているのですが、馬油にも馬セラミドが含まれているため肌の奥まで潤いを保たせることができます。
馬油は民間療法として使われていましたが、漢方を扱っている病院などでは馬油をアトピーやニキビなどの治療薬としても処方されているのです。

馬油を使っているオールインワンジェルでは、プラセンタジュレが定番です。

>>プラセンタジュレの詳細

馬油の効果は?

馬油は人間の肌に様々な効果をもたらしてくれます。
まず、馬油は油なだけあってベタベタするイメージですが、肌に塗るとサラサラになります。
これは馬油が肌の細胞の隙間を通って内部まで浸透していくため、いつまでもベタベタする感じはなくサラサラになるのです。

次に、肌の酸化を防いでくれる作用を持っています。
肌内部の空気を油膜を張って追い出すため、酸化を防ぎます。
肌は紫外線やストレス、タバコ、アルコールなどの影響で増えた活性酸素の影響によりシミやシワなどの肌トラブルが増え、老化の原因になってしまいます。

馬油を肌に塗ることで、活性酸素による酸化を予防してくれるのです。

空気を追い出すのと同じく、雑菌も肌から追い出してくれるので殺菌作用も備わっています。
さらに炎症を抑えたり、血の巡りを促進させ新陳代謝を上げてくれる作用も持っているため、肌に良い効果が期待できます。

馬油配合のオールインワン商品

最近では馬油の効能に着目し、馬油を配合したオールインワンジェルが多数販売されています。
「がばいよか肌ぷるジェルクリーム」は、馬油を8%配合し機能を活かしたオールインワンクリームで、ベタつきもなく十分な保湿をしてくれるクリームです。
「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」は国産の馬油と植物素材成分、さらにヒアルロン酸などの美容成分を配合したオールインワンジェルです。

>キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ公式サイト

界面活性剤やアルコール、パラベンなどが使われていないため、肌にも優しい製品となっています。
ただ、150gで4000円以上するので高価格なのが少しネックです。
他にも色々な馬油配合のオールインワン商品があります。
一度試しに使ってみてはいかがでしょうか。

yf

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

運営者情報・免責事項

このページの先頭へ